ついに名前はまだない

名前が決まらないまま8年が経とうと……あれ10年目入ってない?

友とは…

 友とはなんだろうか.友人,親友,友達…いろいろな言葉の中に「友」という字が入ってくる.「友」とは,三省堂大辞林によれば,
(1)親しく交わる人。ともだち。友人。朋友(ほうゆう)。
(2)志を同じくする人。同志。
(3)常に好んで親しんでいる物。
(4)道づれ。なかま。

 となっている.

 …と,特に考えもなく話を展開させようとしたが,言いたいことだけ書いて理論的なことは後回しにしようと思う.


 今日,私は「友」と呼べる仲間を初めて得た気がする.そして同時に失ったのだと思う.いわゆる別れというやつだ.
 人はよく,過ちを犯したあとでその過ちに至る行為を悔やむものである.逆に言えば,行為を悔やむことで過ちを犯したことに気づく…わけでも無さそうだが,とにかく私は失ったと気づいた時に得ていたのだと気づいた.

 今生の別れではない.今は通信分野がかなり発達しており,ネットを使えばいつでもコミュニケーションが取れる.だから,本当の意味では別れではないのかもしれない.精神的にはこれでつながっているだろう.でも,肉体的な繋がり=直接あって話すようなものはそこに存在しない.
 それはやはり本当の意味では繋がっていないということなのだろうか.


 この解答を私は未だ持っていない.数年後に気づけるだろうか.それとも永久に気づかないだろうか.いつかまた「友」と再会できた時,この答えを導けるだろうか.

 ひとまず,このブログのことを知らない「友」よ.長い様で短かったが,共に過ごした日々は忘れられないものだろうと思う.だから,ありがとう.そして,さようなら.また,会いましょう.